乾燥肌は誰でも起こる

先天的な乾燥肌と後天的な乾燥肌がある

乾燥肌は、誰にでも起こる症状です。先天的な体質で起こる場合と、後天的に起こる場合とがあります。主な原因は、肌の保湿力の低下です。先天的な乾燥肌の人は、季節に関わらず肌がカサつきます。

乾燥肌は、ニキビができやすかたり、かゆみを発症したりします。また、かゆみが原因で肌を引っ掻いて、傷つけてしまうリスクもあります。秋から冬にかけては空気が乾いているため、もともと乾燥肌でない人も乾燥肌になりやすくなります。また、加齢に伴い、肌の保湿力が低下すると、乾燥肌になりやすくなります。

ストレスや生活習慣の影響でも起きることもあります。また、敏感肌の女性は突然発症することもあります。男性の場合、洗顔のしすぎで発症することがあるので要注意です。肌質に変化が見られたときは、専用の洗顔料や入浴剤などでケアをすることが大切です。

皮膚が乾燥しやすく、真冬の時期は、特に乾燥肌などの肌トラブルが発生しやすいといわれています。そのため、冬場は特に肌のケアに気を遣う必要があります。

乾燥肌は何故かゆいのか

乾燥肌はかゆみを引き起こします。乾燥肌を掻きむしってしまうと症状が悪化し、次第に激しい痛みが生じるようになります。肌を何度も掻きむしると湿疹化することもあり、皮膚炎になる恐れもあります。慢性的に肌の状態が悪くなると、皮脂欠乏性湿疹という皮膚の病気にかかることもあるのです。

元々、肌の角質は、新陳代謝によって自然に剥がれていきます。しかし、空気が乾いていたり、肌の保湿力が低かったりすると、角質が剥がれやすくなってしまいます。場合によっては、肌が割れることもあるので、日頃のケアが必要です。

乾燥肌によるかゆみが辛い人は、皮膚科を受診したり、専用クリームを使ったりして、早めにケアしましょう。空気が乾く秋や冬だけでなく、エアコンをよく使う夏場も注意が必要です。また、動物やハウスダストなどのアレルギー疾患が原因で発症することもあります。

ストレスが肌の乾燥の原因になることもあります。乾燥肌を防ぐためには、日頃から皮膚の保湿を心がけましょう。

乾燥肌を治したい!注意点と治療薬

皮膚の表面には角質層、角質層の上には皮脂膜があります。皮脂膜は、角質層から水分が蒸発しないように守ってくれている存在です。肌が乾燥すると、角質層の水分が不足し、かゆみが出るようになります。また、皮膚がひび割れることもあります。

乾燥肌は、悪化すると乾燥性皮膚炎になることがあるので、注意が必要です。症状が進むと強いかゆみが出ます。痒いからといって引っ掻いてしまうと、皮膚が傷つき、さらに症状が悪化してしまうので注意が必要です。

湿疹ができた場合は、皮膚の新陳代謝のサイクルが早くなり、乾燥が進んでカサカサの肌になります。肌の乾燥のほか、赤みや湿疹が出てきた人は、乾燥性皮膚炎の可能性があります。乾燥肌になる主な原因は老化です。年齢が上がるほど、皮脂の欠乏が目立つようになります。

一方、冬になると若い人でも乾燥肌になりやすいので、注意が必要です。冬に暖房で体を温めると、肌がかゆくなることがあります。乾燥肌が心配の人は、肌の保湿を心がけましょう。洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っていると、皮脂が失われて肌の乾燥が進むので注意が必要です。

乾燥肌の症状を押さえるための薬

乾燥肌のケアは、保湿剤による保湿が基本です。医療機関では、診察を受けたあと、外用薬の保湿剤が処方されます。保湿剤は入浴後に塗ると効果的です。症状がひどい場合は、炎症を抑えるステロイドや抗ヒスタミン薬が使われます。

乾燥肌対策に使う薬には、様々な種類があります。よく知られているのが「ヒルドイドフォルテクリーム」と「ヒルドイドフォルテジェル」です。ヒルドイドフォルテクリームは、ヘパリン類似物質が配合された外用薬で、1949年にドイツで開発されました。日本では1954年に「ヒルドイド」として販売されています。

クリームもジェルも、保湿力が高いだけでなく、血行促進と抗炎症作用があります。ひどい乾燥や手荒れ、打撲による炎症に対して効果的です。炎症の治療だけでなく、スキンケアアイテムとしても利用できます。皮膚の表面を保湿するだけでなく、肌の基礎細胞を修復する作用もあります。

肌の内側から健康な状態に整えるので、多くの愛用者がいます。肌への刺激が低いので、赤ちゃんの乾燥やアトピー性皮膚炎の治療にも有効です。