乾燥肌とアトピーや冬にニキビの関係は

乾燥肌とアトピー性皮膚炎はイコールではない

アトピー性皮膚炎の主な症状は、強いかゆみのある湿疹です。原因は遺伝的な要因や、生活環境が主な原因で、症状は慢性的に続きます。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性のものと、非アレルギー性のものがあります。
特定の食べ物やダニ、花粉などのアレルゲンが皮膚に侵入することで発症することがあります。
また、乾燥肌や汗、皮膚を引っ掻いてしまうことや、ストレス、食生活の乱れなども、アトピー性皮膚炎の大きな原因です。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚のバリア機能が弱まり、水分が外に逃げてしまいます。乾燥した皮膚は、外部からの刺激物質が侵入し、かゆみが起こるようになります。皮膚をかきむしると皮膚の状態が悪化し、かゆみはますます強くなり、湿疹もできてしまうのです。

掻いた刺激によってかゆみが増し、また掻いてしまうという悪循環に陥ります。

乾燥する冬にニキビができやすい原因と対処法

秋から冬に向かう時期は、気温や湿度の低下によって血液循環が悪くなる時期です。

気温や湿度だけでなく、室内で暖房が使われるため、湿度は下がりがちになります。

気温や湿度の低い時季は、肌が乾燥しやすくなります。その結果、皮脂や汗の分泌が減少し、皮脂膜が十分にできず、目元や口元、頬などにカサツキが目立ってしまいます。

また、肌が乾燥すると、外部刺激や水分の蒸散を防ぐ機能が弱まり、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

皮膚のバリア機能が低下すると、少しの刺激で肌に痛みやかゆみ、赤みが出るようになります。

肌の乾燥が、ニキビの原因になってしまう場合があります。本来であれば、肌表面にある角質が、水分の蒸散と外部刺激を防いでくれます。

皮膚が乾燥し、バリア機能が低下すると、保湿力が弱まります。肌の水分量が少なくなると、角質が積み重なり、毛穴をふさいでしまいます。その結果、ニキビができやすくなるのです。